投稿

ごあいさつ

イメージ
みなさま、お元気ですか。 上豊岡キリスト教会牧師の小和瀬 勇と申します。 私は22歳の時、聖書に書かれている神様を信じました。 少しずつ、イエスキリストのなされたことを学びました。 その後、今までにたくさんの方々のお世話になり、 現在は、上豊岡キリスト教会で奉仕をしています。 最近、人生のすべてのことが感謝なことだと分かりました。 教会の毎週日曜日の礼拝で、人生の感謝なことをご一緒に過ごせれば幸いです。 上豊岡キリスト教会は、福音的なプロテスタント教会です。 聖書に書かれている救い主イエスキリストの恵みをいただいております。 上豊岡キリスト教会は、友愛グループ教会連合に所属しています。 さらに、友愛グループ教会連合を通してJEA(日本福音同盟)に加盟しています。 このホームページをご覧になり、その恵みが皆さまの所に届きますように、 心をこめてお祈りしています。どうぞ、お暇の時、教会にお出かけくださるか、 またはご連絡をくださるかお待ちしております。  神様の御祝福がありますように。 友愛グループ教会連合  上豊岡キリスト教会牧師 小和瀬 勇 高崎市上豊岡町1088-5 TEL 027-343-0522 isamu136kowase@yahoo.co.jp

集会案内とお知らせ

イメージ
■集会案内 日曜礼拝:日曜日午前10:30~11:50 教会学校:日曜日午前 9:00~ 9:30 ■お知らせ ※コロナ飛沫感染防止対策として、①の録画メッセージおよび②の衛生対応の個別セット  を採用しております。 ①通常の主日礼拝のメッセージは、大型TVによって、  大和カルバリーチャペル牧師:大川従道先生の録画メッセージまたは  上豊岡キリスト教会牧師:小和瀬 勇の録画メッセージです。 ②毎月一回、第一日曜日の主日礼拝において、聖餐式を行っておりましたが、  現在、中止しております。ただし、衛生対応の個別セットのパンとぶどう液を用意して、  執り行うことがあります。 ③インターネットで小和瀬牧師のメッセージを聞くことができます。  次の手順で、検索します。  CGNTV→みことばに聞く→関東→群馬→メッセージの選択。  CGNTVは下記の略です。  C hristian  G lobal  N etwork   T ele V ision ④上豊岡キリスト教会は、TV放送の群馬ライフラインの協力教会です。  毎週日曜日朝7時より、素晴らしいTV放送があります。   群馬ライフラインのHPへ

文字メッセージ『荒野が喜ぶ』

  文字メ ッセージ「荒野が喜ぶ」 聖書箇所 (新改訳2017:イザヤ書35章1・2節) 上豊岡キリスト教会牧師 小和瀬 勇 ◎荒野と砂漠は喜び、荒れ地は喜び踊り、サフランのように花を咲かせる。 盛んに花を咲かせ、歓喜して歌う。これに、レバノンの栄光と、カルメルやシャロンの威光が授けられるので、彼らは主の栄光、私たちの神の威光を見る。 (イザヤ書35章 1・2節) コロナ禍の現在、荒野のような世界に生きていますが、「荒野が喜ぶ」というテーマで、内村鑑三著「デンマルク国の話」を紹介します。それは「信仰と樹木とをもって国を救った話」です。 デンマークは 1864 年ドイツ・オーストリア連合軍との戦争に敗れ、ホルスタインおよびシュレスヴィヒという良地を奪われてしまいました。「外に失いしところを内において取り返す」との決意をした帰還兵ダルガスの言葉がそのまま内村鑑三のこの「デンマルクの話」に用いられています。その国家再生には、灌漑により荒れ地にはびこるヒースを根絶して、北から吹き付ける強風から土地を守るために植林することが必要でした。 ダルカスをはじめデンマークの人々は苦心の結果、成功し、森林面積を大幅に拡大させました。まさに、荒野と砂漠は喜び、荒れ地は喜び踊り、サフランのように花を咲かせたのであります。人々の生活は平和を迎え、すべてのものが正しくされる日々が到来しました。 カルメルとシャロンは深い植生と肥沃な大地です。生産力と豊富の象徴です。荒れ果てた地が肥沃な地に変えられます。私たちは神様の栄光、威光を見ることができます。 ◎もし、からし種ほどの信仰があるなら、この山に『ここからあそこに移れ』と言えば移ります。あなたがたにできないことは何もありません。 (マタイの福音書 17章20節)   神には何でもできないことはなく、聖霊様が助けて下さいます。戦敗は不幸なことではなく、自然天然には無限の生産力があります。信仰は大きな力を持っています。   ◎神から生まれた者はみな、世に勝つからです、私たちの信仰、これこそ、世に打ち勝った勝利です。 (ヨハネの手紙第一 5章4節)   世に勝つ力、地を征服する力は信仰です。この勝利の信仰を持って、与えられた人生一日一日を聖書を読み、聖霊様の助けをいただいて、生きて行きましょう。

録画メッセージ『荒野が喜ぶ』

録画メッセージ『荒野が喜ぶ』を発信しております。 「続きを表示>>」をクリックして表示される動画をご覧ください。

宗教と科学の関係についての考察
(新島学園短期大学研究紀要)  

宗教と科学の関係についての考察 ―宇宙の創造をめぐって― 小和瀬 勇 Considering the Relationship between Religion and Science ―About the Creation of the Cosmos― Isamu Kowase Niijima Gakuen Junior College Takasaki, Gunma 370-0068, Japan - 要 旨 -  本稿では、宇宙の創造をめぐって、プロテスタント教会における信仰告白及びアインシュタインの相対性理論の関係について論述し、両者から得られる果実を考察した。 - Abstract -  About the creation of the cosmos, this article discusses the relationship between the confession of faith in the Protestant Church and Einstein's Theory of Relativity. It considers the fruits from both sides. 第1章    はじめに  1962年、当時日本の最初のノーベル賞受賞者(物理学)である湯川秀樹京都大学教授が群馬県の高崎高校に来られて、「現代の物理学」という講演をされた。講堂での講演の後、生物室の教室で少数の学生に、質問の時間を用意してくださった。その時、学生からの「これからの時代は科学がどこまで進歩しますか?」という質問に対して、湯川秀樹博士は「これからの時代は科学がものすごく進歩しますが、どんなに進歩しても、人類には二つの解決できない神秘のものがあり、それは『宇宙』と『生命』の神秘であります。これは人類の永遠の神秘です。」と語った。学生に大きな感銘を与えてくださり、目の前で静かに語られた湯川博士の穏やかなお姿は、今でも目に浮かんでいる。 相対性理論をつくりあげた物理学者アインシュタインは「宗教なくして科学は不具であり、科学なくして宗教は盲目である。」と言っている。さらに、「わたしたちには理解できないものが存在し、それが最高の知恵と美として具現しているということ、

続 宗教と科学の関係についての考察
(新島学園短期大学研究紀要)

イメージ
続  宗教と科学の関係についての考察 ―神の無限なる愛を求めて― 小和瀬 勇 Considering the Relationship between Religion and Science (Part2) ―Seeking the Infinite Love of God― Isamu Kowase Niijima Gakuen Junior College Takasaki, Gunma 370-0068, Japan - 要 旨 -  本稿では、神の愛の無限を求めて、聖書の「神の愛の真実」と自然科学の「無限」の関係について論述し、両者から得られる人類に与えられた福音を考察した。 - Abstract - “Seeking the Infinite Love of God“, this article discusses the relationship between the real love of God in the Bible and the infinite in natural science. It considers the Gospel given to the human race from both sides. 第1章    はじめに  私は宇宙の創造をめぐって、新島学園短期大学研究紀要第40号に、「宗教と科学についての考察」を投稿した。その中で、宗教と科学との関係の具体例として、プロテスタント教会における信仰告白とアインシュタインの相対性理論から導かれる「宇宙の創造」と「人類の堕落」について述べた。この論稿の続編として、本稿では、宗教と科学についての考察として、「神の愛の無限」について論ずるものである。  上記第40号に述べたように、ローマの信徒への手紙1章20節(新共同訳)には『世界が造られたときから、目に見えない神の性質、つまり神の永遠の力と神性は被造物に現れており、これを通して神を知ることができます。』と書かれている。さらに、相対性理論をつくりあげた物理学者アインシュタインは「宗教なくして科学は不具であり、科